中学受験に至るまで①

「受験ってなに?」そう聞いてきたのは小3年の時。

受験するクラスのお友達から聞いてきたようです。

一通り説明した後,「オレ,高校は受験するよ」と言って外遊びに。毎度のことながら暗くなるまで帰ってきやしません。おいおい,高校は受験してもらわないと困るんですけど。

4年生になるとよく「オレ受験したいな」と言うようになりました。受験のため塾通いのクラスメイトも増え,受験する=勉強できる=カッコいいと思ったようです。それでも「ただいま~」とランドセル置いて即「いってきま~す」と外に遊びにいくような毎日。しかも学校の成績も決して優秀とは言えるようなものでもなく。

英太の父も私立とはずっと無縁。公立高校から国立大学が王道と信じて疑わず,毎日のように暗くなるまで外で遊んでいる英太の受験したい病も一時のものだと二人揃って聞き流していました。

We didn’t take what he said serioulsy.