昨日は模試

昨日は模試だった。模試の目標大学は
難関国立私立,医学部とされている。
英太の学校では一部の上層部だけが
進学する学校名が名を連ねている。
大部分がマーチレベルなので
受けるだけ気が引ける。
マーチはお呼びでない感がありありだ。

意外にも「思ったよりできた」と
明るい顔で帰ってきた。
この「思ったより」は
模試の国語,数学,英語の各教科の
平均点が毎度30点代らしく,
英太なら0点と葉っぱをかけていたので
0点ではないという意味だ。
低いレベルの話だな~。

問題は著作権の関係で持ち帰り禁止。
内容は英太しか聞くしかないので
彼の出来具合は返却まで分からなく,
正直ほっとする。あまりに出来が悪いと,
保護者会や講演会さへ行きづらくなる。

英太によると
英語はリスニングが3級~準2レベル,
しかも2回放送される。配点は20点。
なので14点は取れていると。
中途半端な自己採点だが
このリスニングのお陰で0点回避か。
数学は覚悟していたより簡単だった,
全部手がつけられない問題ではなかったと。
まぁ正解してなければ意味ないけれど。
国語は現代文が超難解。
あと新試験を意識したような,
数点の資料を読み取とって
記述する問題も出題されていたとか。
元々兼ね備えていない
考察力と表現する力が問われるなんて
辛い時代に生まれてきたものだ。
Anyway, I try not to give it a damn for his exam result.