catの書けないT君-1

識字障害については何となく
知っているつもりではいましたが
T君に会うまでは英語の読み書きに
こんなに苦労している人が
いるなんて思いもしていませんでした。

T君がレッスンに通いだしたのは
6年生。「英語は話せるようになりたい」
とのことで最初は英会話がメイン。

T君は明るく友達も多いスポーツ少年で
将来は営業の仕事など就いたら
いいような
人当たりの良いタイプです。

コミュニケーション能力が高いので
英会話のレッスンは生き生きと
しかも10センテンス程のスピーチは
あっという間に覚えてしまいます。
フォニックスも一通りやった後,
冬ごろからそろそろ
中学準備ということで
英単語の練習を始めました。

ところが・・・・。
catを書くのに何十回と練習が必要でした。
あまりに出来ないので
どうしたものかと
「中学生」「英単語が書けない」
で検索したところ
識字障害という文字がズラーと
ヒットしたのです。
T君に思い当たる内容ばかり。

I hadn’t had a real understanding of what dyslexia was until I met T-boy.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です