父親は往生際が悪い?いざ診断となると

先生が板書を殆どしない学科がある。
となると
ノートを取るのがとても難しいようだ。
プリント類が真っ白け。
話を聞いて,メモを取る。
しないのか,それとも出来ないのか。
整理整頓に加えて,
この点も気になるので
担任の先生に宛てた
カウンセリング希望の旨の
メールを作成した。

それを夫に見せた。
いざとなると夫は躊躇気味。
自分も整理苦手だったし,
もう少し大きくなれば
出来るようになるよ…
本当に困ってないし,等と言い出す。
去年のカウンセリングも
懇談会も同行して
英太に関する心配の種を
くどくど話していたくせに。

そういえば幼稚園の同級生
軽い知的障害があり,
申請すれば手帳が交付される。
何かと割引やら特典があるので
ママは申請したがっていたが
ご主人が反対するとこぼしていた。
「あなたの子は障害児ですって
ハンコ押されるみたいで嫌なんだって。」
ダウン症の子を持つ友人も
暫くしてからも
「パパがまだ落ち込んでるみたいで。」
ご両人のご主人ともその後
すっかり受け入れているのだが,
なにせ彼女たちは
「父親って時間かかるのよ。」と言っていた。
我が夫も同類。
診断が下るのが怖いのか。
My husband seems to be afraid of our son being diagnosed with attention deficit disorder.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です